生餌を使ってバスの生態を知る

 生餌を使ってバスの生態を知る

やったことのない初心者バサーは是非やってみるべき釣り方『生餌でバス釣り』

餌だったら簡単に釣れるやろ!
それがなかなか釣れないのがバス釣りです.
今後のルアーのバス釣りに必ず生きますので未体験の人は試すといいですよ.

生餌のバス釣りのメリット

1)(当たり前のことですが)バスが釣れればそこにバスがいることが分る

ルアー釣りで頑張るモチベーションになります.
そこに絶対に『いる』と分かっていればとにかく頑張れます.

2)釣れる時間帯が分かる

ワームなどの『食わせ系』の釣りをする時間帯をイメージできます.
例えば4月のある場所のある日、AM10:00になると餌釣りでまったく釣れなくなる.
=その時間帯以降はワームの食わせ系の釣りが通用しないことを確信できます.
生餌でバス釣り

3)釣れる場所のイメージが分かる

こんな岸際で50UPが釣れる???!!!『ルアーはしっかり岸際まで引くこと』なんていう教科書的な教えが本当だと理解できると思います.おかっぱりバサーの岸際の大事さを理解できるはずです.おかっぱりは食い気のあるバスを拾う必要があるので『足元』が大事です.岸際で50UPが泳いでいるイメージができれば最後の最後の一巻きまで気を緩めずしっかり引けるはずです.

4)生餌でも釣れないことが分る

生餌なら誰でも釣れるやろ!やってみると分かるのですが、生餌は生餌で仕掛けや技術があり、同じ餌を使っても『差』がでます.仕掛け=例えば棚=ルアーを引く層をイメージしたりすることができます.生餌釣りで得た情報は全てルアー釣りに置き換えることができます.

5)生餌でも釣れる、釣れない餌があることが分る

バス釣りの生餌の定番は『ミミズ』、それ以上に釣れるのが『シラサエビ』、自前で準備する『ブルーギル』、最近はデカバス用に『フナ』なども販売されています.マッチザベイトなどと言いますが、その時期に捕食できない餌があっても食ってきません.いろんなルアーで攻める必要があることを学ぶことができます.
生餌でバス釣り

6)餌のサイズにバスのサイズが比例することが分る

『シラサエビ』に55UPなんていう奇跡も稀にありますが、『ブルーギル』を捕食する魚は45up以上などという、サイズの比例の法則があることが分ります.単純なことですが、大きい魚を狙いたい場合は大きいルアー=強いタックル=太いラインを準備することが近道になります.

7)ワームでしか釣れない日があることが分る

生餌がワームに負ける日があります.生餌釣りの限界を知るいい機会を得たと思いましょう.これこそが、バスをルアーで釣る意味を知ったと思っていいでしょう.生餌で釣れない時間帯や食い気のないバスをいかにしてルアーで釣るか?そればバスのルアー釣りの醍醐味です.

8)ハードルアーのほうが良く釣れて、かつデカい

バスのルアー釣りの醍醐味2ですね.55upを越えてくると、相手も相当賢くなっているので、生餌だからと単純に食ってくる個体ではなくなります.私の子供が小さいころ、子供が生餌釣りをやっている横でハードルアーをぶん投げているお父さん=私が60upを釣るなどという状況が何度かありました.あきらかに生餌では釣れない個体というのが分かるはずです.生餌ばっかりやってると、ルアーマンに餌釣りの限界を感じさせられるシーンを経験させられるはずです.

タイトルとURLをコピーしました